本文へスキップ

弁護士の歯科の医療法人のコラムの一覧と、歯科医院の医療法人化、経営計画のコラムです。医療法人の法律相談は、医療法人に強い弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

1 医療法人のコラムの一覧、歯科医院の医療法人化

医療法人に強い弁護士です。

医療法人の法律問題、トラブルにお悩みの歯科医の方は、サンベル法律事務所にご相談下さい。医療法人に強い弁護士への相談が、解決への近道です。


まず医療法人に関するのコラムの一覧をご紹介します。その上で、歯科医院の医療法人化、経営計画の策定についてご説明を致します。

 医療法人のコラムの一覧

1  歯科医院の医療法人化
  ・ 歯科医院の医療法人化
  ・ 経営計画の策定
2  医療法人とは(1):本来業務、附帯業務
  ・ 医療法人の本来業務
  ・ 医療法人の付帯業務
3  医療法人とは(2):附帯業務、収益業務、付随業務
  ・ 医療法人の収益業務
  ・ 医療法人の付随業務
4  医療法人の定款の書式(1):名称及び事務所、目的及び事業
  ・ 定款:名称及び事務所
  ・ 定款:目的及び事業
5  医療法人の定款の書式(2):社員総会、役員

  ・ 定款:社員総会 
  ・ 定款:役員 
6  医療法人の定款の書式(3):理事会、解散、合併及び分割
  ・ 定款:理事会
  ・ 定款:解散、合併及び分割
7  医療法人の運営の留意点(1):定款・寄附行為、役員
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:定款・寄附行為
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:役員
8  医療法人の運営の留意点(2):社員、社員総会、理事会
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:役員
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:社員総会、理事会
9  医療法人の運営の留意点(3):業務一般、人事管理、資産管理
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:業務一般
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:人事管理、資産管理
10 医療法人の運営の留意点(4):会計管理、登記、公告

  ・ 医療法人運営管理指導要綱:会計管理
  ・ 医療法人運営管理指導要綱:登記、公告 

 医療法人の行政通知のコラムの一覧

1  医療法の解釈(1):医療法人の趣旨、成立、管理
  ・ 通知「医療法の一部を改正する法律の施行に関する件」
  ・ 医療法人の趣旨、成立、管理、組織変更、監督
2  医療法の解釈(2):医療法人の開設規制、医療計画
  ・ 通知「医療法の一部改正について」
  ・ 開設規制、医療計画、医療法人、審議会
3  医療法の解釈(3):医療提供の理念の行政解釈
  ・ 通知「医療法の一部改正について」
  ・ 医療提供の理念、特定機能病院、療養型病床群
4  医療法の解釈(4):医療法人の附帯業務、会計処理
  ・ 通知「医療法の一部を改正する法律の一部の施行について」
  ・ 老人保健施設、医療法人の附帯業務、会計処理
5  医療法の解釈(5):医療法の説明義務
  ・ 通知「医療法の一部改正について」
  ・ 説明義務、療養型病床群、地域医療支援病院

6  医療法の解釈(6):医療法人の理事長、管理者の理事就任
  ・ 通知「医療法人制度の改正及び都道府県医療審議会について」
  ・ 医療法人の理事長、管理者の理事就任

7  医療法人の登記、設立
  ・ 通知「医療法人の登記について」
  ・ 通知「医療法人設立に関する疑義について」
8  理事長の要件(医療法人)
  ・ 通知「医療法人の理事長要件について」
  ・ 通知「歯科医師でない者の理事長選出の取扱いについて」
9  医療機関の開設者と非営利性
  ・ 通知「医療機関の開設者の確認及び非営利性の確認について」
  ・ 通知「医療機関の非営利性の確認と名称について」

10 医療法人の国際展開
  ・ 通知「医療法人の国際展開に関する業務について」
  ・ 附帯業務として実施、出資の価額、事業報告

11 医療法人の合併と分割(1):合併の意義、種類、手続き
  ・ 通知「医療法人の合併及び分割について」
  ・ 医療法人の合併の意義、種類、手続き
12 医療法人の合併と分割(2):合併の手続き
  ・ 通知「医療法人の合併及び分割について」
  ・ 医療法人の合併の手続き(債権者保護、権利義務の承継)
13 医療法人の合併と分割(3):分割の意義、種類、手続き
  ・ 通知「医療法人の合併及び分割について」
  ・ 医療法人の分割の意義、種類、手続き
14 医療法人の合併と分割(4):分割の手続き、医療審議会
  ・ 通知「医療法人の合併及び分割について」
  ・ 医療法人の分割の手続き、都道府県医療審議会

15 医療法人制度の改正内容
  ・ 通知「医療法人制度について」
  ・ 医療法人の業務拡大、残余財産の帰属、資産要件

 医療法人の基金のコラムの一覧

1  医療法人の基金(1):基金制度の趣旨、基金の手続き
  ・ 通知「医療法人の基金について」
  ・ 基金制度の趣旨、定款の定め、募集事項の決定
2  医療法人の基金(2):基金の割り当て、申し込み、拠出
  ・ 通知「医療法人の基金について」
  ・ 割り当て、申し込み、引き受け、拠出の履行
3  医療法人の基金(3):基金の返還、破産手続き
  ・ 通知「医療法人の基金について」
  ・ 拠出者となる時期、基金の返還、破産手続き
4  基金拠出型医療法人の定款の書式
  ・ 通知「医療法人の基金について」
  ・ 社団医療法人(基金拠出型)の定款例

 医療機関債のコラムの一覧

1  医療機関債のガイドライン(1):医療機関債の定義
  ・ 通知「「医療機関債」発行等のガイドライン」
  ・ 医療機関債の定義、遵守事項
2  医療機関債のガイドライン(2):情報開示、利率
  ・ 通知「「医療機関債」発行等のガイドライン」
  ・ 情報開示、利率、勧誘方法
3  医療機関債のガイドライン(3):診療差別の排除
  ・ 通知「「医療機関債」発行等のガイドライン」
  ・ 診療差別、経営介入の排除
4  医療機関債の関連規定(1):医療法、医療法施行規則
  ・ 通知「「医療機関債」発行等のガイドライン」
  ・ 医療法、医療法施行規則
5  医療機関債の関連規定(2):運営管理指導要綱
  ・ 通知「「医療機関債」発行等のガイドライン」
  ・ 運営管理指導要綱、金融商品取引法

6  医療機関債の関連規定(3):租税特別措置法、施行令
  ・ 通知「「医療機関債」発行等のガイドライン」
  ・ 租税特別措置法、租税特別措置法施行令

7  医療機関債の消費者問題
  ・ 通知「消費者委員会の提言を踏まえた対応について」
  ・ 医療機関債に関する消費者問題についての提言

医療法人化と経営計画

 歯科医院の医療法人化

歯科の一人医師医療法人数は、厚生労働省統計(医療法人数の推移)によれば、平成27年3月31日の段階で8671となっており、少なくない歯科医院が医療法人化を果たしています。

歯科医院の経営が軌道に乗ると、顧問税理士などから、医療法人化を勧められることがあるようです。その理由は、主に税負担軽減のメリットです。
常日頃お世話になっている専門家から勧められると、そういうものかと考えがちです。

しかし、弁護士の視点からすると、経営がうまくいかなくなり倒産や廃業に瀕したケースをまず考えますが、医療法人化した場合、歯科医院の再建、倒産、廃業の各手続きの難易度が上がります。また、当然ながら、業務運営で要求される手続きが増えますから、法人格維持のためのコストも無視できません。歯科医院の経営権を他の理事などにはく奪されるリスクも生じます。また、コンプライアンスを軽視し、社員総会や理事会などの法令の手続きを怠れば、足元をすくわれる事態に繋がります。

歯科医院の経営が順調で、分院を開設する状況にあれば、医療法人化する必要があります。しかし、そうでないならば、税理士が税の専門家であり税負担軽減のメリットを過大に重視しがちであることなどに鑑み、歯科医院経営において本当に医療法人化のメリットが大きいか、慎重に判断する必要があると考えています。

 経営計画の策定

歯科医師で、歯科医院経営のために、経営計画をきちんと策定し、実行している方は、少数派でしょう。しかし、中堅企業では、金融機関との関係などもあり、経営計画を策定しますし、中小企業においても、最低限の経営計画を策定している会社が少なくありません。歯科医院経営においても、プラスの効果が期待できますので、経営計画を策定し、目標を明確化しコミットし、実行の上で評価し、さらに改善を続けていくという、PDCAサイクル(Plan→Do→Check→Act)を繰り返していくことをお勧めします。

経営は、プラスの効果のあることを着実に実行し積み重ねていくことが大切です。小さな積み重ねが、やがて他の歯科医院との経営状態の大きな差に繋がります。
このコラムを読まれた歯科医院の院長で、経営計画を策定していない方は、本日、本年の歯科医院の経営計画を紙に書き出してみましょう。ざっくりした計画で構いません。そして、その計画にコミットし、遂行し、数値目標を達成できたか評価し、達成できなかった場合は、なぜ達成できなかったか、どうすれば達成できるか検討し、さらに経営計画を練り直し改善していって下さい。
経営計画は、頭の中で考えるだけではなく、紙に書き出して、毎日一回は目にするようにすると、張り合いと危機感が出て、効果が上がります。


医療法人の法律問題、トラブルにお悩みの歯科医の方は、迷わずお電話を下さい。状況などを聴取した上で、問題解決のためのアドバイスを致します。


弁護士の歯科のコラム


歯科医院法務のコラムの一覧です。
医療法人について以外にも、様々なコラムを掲載しています。
日常の医院運営、臨床などにご活用下さい。

 歯科医院法務のコラム

1  歯科医院の居抜きと開業
2  医療法人の法務
3  歯科医院の事業承継とM&A
4  歯科医院の倒産、廃業
5  患者のクレーム、トラブル
6  医療過誤、医療ミス
7  歯科の個別指導と監査
8  医道審議会と行政処分

SUNBELL LAW OFFICE弁護士個別指導

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科個別指導

歯科書籍:歯科の個別指導・監査・医道審議会の行政処分

インターアクション,2019年  

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科 M&A

歯科書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科 弁護士

歯科書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年