本文へスキップ

有床義歯の不正請求での監査、取り消しの実例です。個別指導、監査にお悩みの歯科医の方は、歯科の指導監査に強い弁護士にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

保険医療機関、保険医の取消の実例(16)

歯科の個別指導の書籍を出版し、歯科の指導監査に強い、弁護士の鈴木陽介です。

保険医・保険医療機関への個別指導、監査にお悩みの歯科医の方は、サンベル法律事務所にご相談下さい。指導監査には、弁護士を立ち会わせるべきです。

ここでは、有床義歯の不正請求での保険医療機関の指定の取消、保険医の登録の取消の実例をご紹介します。

平成28年2月付、平成27年6月付及び平成26年12月付の取消処分であり、東海北陸厚生局の公表事例です。
説明のために、簡略化等をしています。

歯科の個別指導、監査に臨む歯科医の方は、歯科の指導、監査に詳しい弁護士への相談をお勧めします。個別指導、監査には、弁護士を立ち会わせるべきです。詳しくは以下のコラムをご覧いただければ幸いです。

 【コラム】歯科の個別指導と監査の上手な対応法

有床義歯の不正請求


 行政処分に至った経緯

東海北陸厚生局の公表資料によれば、行政処分に至る経緯は以下のとおりです。

1 有床義歯の不正請求

保険者から東海北陸厚生局静岡事務所に対し、医療費通知と領収書を確認した結果、受診日数は同じであるが保険点数が相違するとの情報提供があった。
個別指導を実施したところ、有床義歯に関して技工指示書及び納品書には記載がない材料を診療録に記載し、診療報酬の請求を行っていることが疑われたことから個別指導を中断した。
患者調査を実施したところ、技工指示書及び納品書の内容と患者口腔内の有床義歯に係る材料は一致したものの、これらと診療録及び診療報酬明細書の内容が相違したことから、付増請求及び振替請求が疑われた。
個別指導を再開し、患者調査の結果について確認したところ、付増請求及び振替請求が強く疑われたことから個別指導を中止し、監査を実施した。

 行政処分の主な理由

東海北陸厚生局の公表資料によれば、取消処分の主な理由は以下のとおりです。

1 付増請求

実際に行った保険診療に行っていない保険診療を付け増して、診療報酬を不正に請求していた。

2 振替請求

実際に行った保険診療を保険点数の高い別の診療に振り替えて、診療報酬を不正に請求していた。

3 二重請求

自費診療として患者から費用を受領しているにもかかわらず同診療を保険診療したかのように装い、診療報酬を不正に請求していた。

4 保険適用外の診療の保険請求

実際に行った保険適用外である診療を、保険適用である診療を行ったものとして、診療報酬を不正に請求していた。

5 一部負担金の受領

不正請求分に係る一部負担金を受領していた。

 診療報酬の不正請求の金額

東海北陸厚生局の公表資料によれば、監査で判明した不正件数及び金額は、以下のとおりです。

平成23年4月〜平成26年8月

不正請求 120名 311件 177万5558円
不当請求  54名 187件  15万6325円
※ 監査で判明した以外分についても、
  不正・不当請求があったものについては、
  監査の日から5年前まで遡り、
  保険者へ返還させることとしている。
  原則として指定の取消及び登録の取消日から5年間は、
  保険医療機関の再指定及び保険医の再登録は行わない。


訪問歯科衛生指導料の不正請求


 行政処分に至った経緯

東海北陸厚生局の公表資料によれば、行政処分に至る経緯は以下のとおりです。

1 訪問歯科衛生指導料の不正請求

審査支払機関から、関東信越厚生局長野事務所に対して、歯科医師が開設管理する長野県所在の歯科医院の歯科訪問診療に係る診療報酬請求について、画一的な口腔ケアを訪問歯科衛生指導料として請求している疑義があるとの情報提供があったため、長野事務所及び長野県が共同で個別指導を実施したところ、歯科訪問診療の診療内容と診療報酬の請求内容に相違があることを確認した。
平成25年3月31日付け廃止届が提出されたことから、平成25年4月から平成26年7月まで延べ7回の監査を関東信越厚生局及び長野県が共同して実施した。

 行政処分の主な理由

東海北陸厚生局の公表資料によれば、取消処分の主な理由は以下のとおりです。

1 歯科訪問診療の付増請求

自らが行った保険診療及び他の保険医が行った保険診療について、外来診療を行ったにもかかわらず、歯科訪問診療を行ったものとして保険診療を付け増して診療録に不実記載し、保険医療機関に診療報酬を不正に請求させていた。

2 歯科訪問診療の振替請求

自らが行った保険診療及び他の保険医が行った保険診療について、外来診療を行ったにもかかわらず、保険点数の高い歯科訪問診療に振り替えて診療録に不実記載し、保険医療機関に診療報酬を不正に請求させていた。

3 保険適用外のメタルボンド冠の保険請求

自らが行った診療及び他の保険医が行った診療について、実際には保険適用外のメタルボンド冠による歯冠修復及び欠損補綴に係る診療を行ったにもかかわらず、保険診療を行ったものとして診療録に不実記載し、保険医療機関に診療報酬を不正に請求させていた。

4 保険適用外の有床義歯の保険請求

自らが行った診療及び他の保険医が行った診療について、実際には保険適用外の維持装置を使用した有床義歯に係る診療を行ったにもかかわらず、保険診療を行ったものとして診療録に不実記載し、保険医療機関に診療報酬を不正に請求させていた。

5 歯科訪問診療の不正請求

自らが外来診療を行ったにもかかわらず、他の保険医が歯科訪問診療を行ったものとして診療録に不実記載し、保険医療機関に診療報酬を不正に請求させていた。

6 付増請求

自らが行った保険診療及び他の保険医が行った保険診療について、実際に行った保険診療に行っていない保険診療を付け増して診療録に不実記載し、保険医療機関に診療報酬を不正に請求させていた。

7 不当請求

算定要件を満たさない診療報酬を不当に請求させていた。

 診療報酬の不正請求の金額

東海北陸厚生局の公表資料によれば、監査で判明した不正件数及び金額は、以下のとおりです。

平成25年4月〜平成26年7月

不正請求 106名  69万8530円
不当請求 100名  45万4124円
※ 保険医の再登録は、
  原則として5年間は受けられず、
  保険診療ができない。


受診していない医院での診療報酬請求


 行政処分に至った経緯

東海北陸厚生局の公表資料によれば、行政処分に至る経緯は以下のとおりです。

1 受診していない医院での診療報酬請求

東海北陸厚生局指導監査課に、名古屋市健康福祉局保健医療課を経由して、名古屋市東区で受診しているにもかかわらず、医療費通知に受診したことのないみよし市の歯科診療所の名前が記載されている旨の情報提供があった。
個別指導を実施したところ、持参を指定した持参物に不足があったこと及び技工指示書と診療報酬明細書の材料名が一致しないことについて、明確な説明が得られなかったことから個別指導を中断した。
患者調査を実施した結果、名古屋市内の歯科診療所を受診したことがあるが名古屋市以外では歯科診療を受けたことがない、との回答を得た。
個別指導を再開し、患者調査の回答をもとに、みよし市に所在する歯科医院に通院歴がない旨を回答した患者に係る診療報酬の請求について明確な説明を得ることができず、保険医療機関として指定を受けていない場所で行った診療を保険医療機関である歯科医院で行ったものとして診療報酬の請求を行っていることが疑われたため、個別指導を中止し、監査において事実確認を行い、行政処分の主な理由の事実が判明した。

 行政処分の主な理由

東海北陸厚生局の公表資料によれば、取消処分(取消相当)の主な理由は以下のとおりです。

1 保険医療機関外での診療の保険請求

保険医療機関として指定を受けていない場所で行った診療を、保険医療機関で行ったものとして、診療報酬を不正に請求していた。

2 保存義務違反

保存期間が経過していないにもかかわらず、歯科エックス線写真を保存していなかった。

3 不当請求

算定要件を満たさない診療報酬を不当に請求していた。

これらは、保険医療機関又は保険薬局の責務を定めた健康保険法第70条第1項、並びに保険医療機関等の責務を定めた国民健康保険法第40条第1項、及び高齢者の医療の確保に関する法律第65条に違反する。

 診療報酬の不正請求の金額

東海北陸厚生局の公表資料によれば、監査で判明した不正件数及び金額は、以下のとおりです。

平成23年4月〜平成26年8月

不正請求  25名  93件  73万5412円
不当請求   6名  11件   3万5315円
※ 取消相当となった日から5年を経過するまでの間に、
  再指定の申請があった場合は、
  保険医療機関として著しく不適当と認め再指定を行わない。
  また、保険医の再登録は、
  原則としてこの日より5年間は受けられず保険診療できない。


有床義歯の不正請求、個別指導に悩む歯科医の方は、お電話下さい。指導、監査への対応方法を弁護士がアドバイスします。

指導、監査のコラム


歯科の指導、監査のコラムの一覧です。
有床義歯の不正請求での取り消しの他、多数の実例をご紹介しています。
個別指導、監査の際に、また日常の臨床にご活用下さい。

 歯科の指導監査に関するコラム

1  歯科の個別指導と監査

 保険医取消の実例紹介のコラム

1  保険医取消の実例:受診しない患者の診療報酬請求

2  保険医取消の実例:高い材料での診療報酬請求

3  保険医取消の実例:指導監査の欠席による取消相当

4  保険医取消の実例:自費診療の保険請求

5  保険医取消の実例:不正請求(振替請求)による取消

6  保険医取消の実例:分院での不正請求による監査

7  保険医取消の実例:歯科衛生実地指導料の不正請求

8  保険医取消の実例:新規個別指導からの監査、取消処分

9  保険医取消の実例:患者からの情報提供による個別指導

10 保険医取消の実例:共同指導からの監査

11 保険医取消の実例:保険医療機関廃止の届出後の監査

12 保険医取消の実例:一部負担金の不徴収、体調不良の指導欠席

13 保険医取消の実例:歯科訪問診療の不正請求

14 保険医取消の実例:非常勤勤務医の不正請求

15 保険医取消の実例:高点数個別指導からの監査、取消処分

16 保険医取消の実例:有床義歯の不正請求

17 保険医取消の実例:不正請求の患者調査

18 保険医取消の実例:保険適用外のブリッジの不正請求

19 保険医取消の実例:管理者の名義借りによる取消処分

20 保険医取消の実例:個別指導の中断、中止からの監査

21 保険医取消の実例:監査欠席での保険医取消

22 保険医取消の実例:ホームページの不適切な記載

23 保険医取消の実例:自費と保険の二重請求

24 保険医取消の実例:個別指導の中断、中止と患者調査

25 保険医取消の実例:歯科訪問診療訪問時間の不正請求

26 保険医取消の実例:医療法人のグループ全体の取消し

27 保険医取消の実例:部位違いの不正請求での取り消し

28 保険医取消の実例:エックス線未持参、カルテの加筆

29 保険医取消の実例:受診日数の相違の情報提供

30 保険医取消の実例:個別指導から取消しの典型例

31 保険医取消の実例:有罪判決での保険医取消し

32 保険医取消の実例:一部負担金の不整合

33 保険医取消の実例:新規個別指導での不正請求

34 保険医取消の実例:二重請求での取消し

35 保険医取消の実例:付増請求での取消し

36 保険医取消の実例:個別指導での不正の疑義

SUNBELL LAW OFFICE弁護士個別指導

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科個別指導

歯科書籍:歯科の個別指導・監査・医道審議会の行政処分

インターアクション,2019年  

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科 M&A

歯科書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科 弁護士

歯科書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年