本文へスキップ

個別指導の歯科保険診療確認事項リスト(医学管理)です。指導監査にお悩みの歯科医の方は、サンベル法律事務所にご相談下さい。

電話での相談のご予約・お問い合わせはTEL.03-5925-8437
平日:9時30分〜17時30分

歯科保険診療確認事項(3):医学管理(歯科疾患管理料等)

歯科の個別指導の書籍を出版し、歯科の指導監査に強い弁護士です。

弁護士鈴木が力を入れる歯科個別指導に関するコラムです。

ここでは、厚生労働省保険局医療課医療指導監査室が作成した歯科の保険診療確認事項リスト(医学管理、歯科疾患管理料、周術期等口腔機能管理計画策定料、周術期等口腔機能管理料、歯科衛生実地指導料、歯周病患者画像活用指導料、歯科特定疾患療養管理料 、悪性腫瘍特異物質治療管理料、手術前医学管理料、手術後医学管理料、歯科治療時医療管理料、薬剤管理指導料、診療情報提供料、周術期等口腔機能管理計画策定料、診療情報連携共有料、薬剤情報提供料、新製有床義歯管理料、肺血栓塞栓症予防管理料の部分)をご説明します。平成30年度版ver.1809に基づいており、
弁護士鈴木が適宜加筆修正等しています。

歯科の個別指導、監査に悩んでいる歯科医の方は、以下のコラムもご覧下さい。
・ 個別指導(歯科)の上手な対応法

医学管理等

 1 歯科疾患管理料

略:歯管
□@ 算定要件を満たしていない歯科疾患管理料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア(口腔粘膜疾患等を有していない無歯顎患者、有床義歯を原因とする疾患に係る治療のみの患者)に対して算定している。
 □イ 1回目の管理計画(患者の歯科治療及び口腔管理を行う上で必要な基本状況(全身の状態、基礎疾患の有無、服薬状況、喫煙状況を含む生活習慣の状況等)、口腔の状態(歯科疾患、口腔衛生状態、口腔機能の状態等)、必要に応じて実施した検査結果等の要点、治療方針の概要等、歯科疾患の継続的管理を行う上で必要となる情報)を診療録に記載していない。
 □ウ 歯科疾患管理料を算定した月に、当該管理に係る要点について診療録に記載していない。
 □エ 2回目以降の管理を行う際に、管理計画に変更があった場合において、変更の内容を診療録に記載していない。
 □オ 1回目に患者の主訴に関する管理を開始し、2回目以降に歯周病やその他の疾患も含めた管理を行う場合に、新たな検査結果や管理計画の変更点について、患者等に説明した内容を診療録に記載していない。
 □カ 継続管理を行っていないにもかかわらず算定している。

□A 診療録に記載すべき1回目の管理計画について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。
 □ア 患者の歯科治療及び口腔管理を行う上で必要な基本状況(全身の状態、基礎疾患の有無、服薬状況、喫煙状況を含む生活習慣の状況等)
 □イ 口腔の状態(歯科疾患、口腔衛生状態、口腔機能の状態等)
 □ウ 必要に応じて実施した検査結果等の要点
 □エ 治療方針の概要等
 □オ 歯科疾患の継続的管理を行う上で必要となる情報

□B 歯科疾患管理料を算定した月に、診療録に記載すべき管理に係る要点について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

《文書提供加算》略:文
□@ 算定要件を満たしていない文書提供加算を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 患者等に提供した管理計画書の写しを診療録に添付していない。
 □イ 管理計画の内容について、検査に基づいた適切な情報提供を行っていない。

□A 管理に係る文書の作成、提供を行っていない場合に、文書提供加算を誤って算定している例が認められたので改めること。

□B (小児口腔機能管理加算、口腔機能管理加算)を算定した月に、算定できない文書提供加算を誤って算定している例が認められたので改めること。

□C 文書提供加算に係る提供文書に記載すべき内容について、記載の不十分な例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。
 □ア 管理計画書の提供年月日
 □イ 患者氏名、性別、生年月日、患者の基本状況(全身の状態・基礎疾患の有無、服薬状況、喫煙状況を含む生活習慣の状況等)、口腔の状態(歯科疾患、口腔衛生状態、口腔機能の状態等)
 □ウ 必要に応じて実施した検査結果等の要点
 □エ 治療方針の概要等

《エナメル質初期う蝕管理加算(かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所)》略:初期う蝕(か強診)→【施設基準】
□@ 算定要件を満たしていないエナメル質初期う蝕管理加算を算定している例が認められたので改めること。
 □ア かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所に係る施設基準の届出を行っていない。
 □イ エナメル質初期う蝕に対して、(フッ化物歯面塗布、口腔内カラー写真の撮影)を行っていない。
 □ウ エナメル質初期う蝕の2回目以降の算定に対して、(フッ化物歯面塗布、口腔内カラー写真の撮影又は光学式う蝕検出装置による測定値の診療録への記載)を行っていない。
 □エ 撮影した口腔内カラー写真を診療録に添付又はデジタル撮影した画像を電子媒体に保存して管理していない。
 □オ 光学式う蝕検出装置による測定を行った場合に、使用した光学式う蝕検出装置の名称と当該部位の測定値を診療録に記載していない。
 □カ 当該管理を行った場合に、患者等に対して説明した内容の要点を診療録に記載していない。

□A エナメル質初期う蝕管理加算を算定した月に、算定できない(フッ化物洗口指導加算、在宅等療養患者専門的口腔衛生処置、機械的歯面清掃処置、フッ化物歯面塗布処置)を誤って算定している例が認められたので改めること。

□B エナメル質初期う蝕管理加算の所定点数に含まれる当該部位の写真撮影に係る費用を、歯周病患者画像活用指導料として誤って算定している例が認められたので改めること。

□C 診療録に記載すべき患者等に対して説明した内容の要点について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

《フッ化物洗口指導加算》略:F洗
□@ 算定要件を満たしていないフッ化物洗口指導加算を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 指導内容等を文書により提供していない。
 □イ 歯科衛生士が指導を行った場合に、歯科衛生士に行った指示内容を診療録に記載していない。

《総合医療管理加算》略:総医→【施設基準】
□@ 算定要件を満たしていない総合医療管理加算を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 総合医療管理加算に係る施設基準の届出を行っていない。
 □イ 糖尿病の患者、骨吸収抑制薬投与中の患者、感染性心内膜炎のハイリスク患者、関節リウマチの患者又は血液凝固阻止剤投与中の患者ではない。
 □ウ 当該疾患の担当医からの情報提供に関する内容及び担当医の保険医療機関名等について診療録に記載又は提供文書の写しを診療録に添付していない。

□A 別の保険医療機関(歯科診療を行うものを除く)から文書による診療情報の提供を受けていないにもかかわらず、総合医療管理加算を誤って算定している例が認められたので改めること。

《小児口腔機能管理加算》略:小機能
□@ 算定要件を満たしていない小児口腔機能管理加算を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 口腔機能の評価及び一連の口腔機能の管理計画を策定していない。
 □イ 患者又はその家族等に対し口腔機能の評価及び一連の口腔機能の管理計画に係る情報を文書により提供していない。
 □ウ 管理計画に係る提供文書の写しを診療録に添付していない。
 □エ 患者の状態に応じて行う口腔外又は口腔内カラー写真撮影を、当該加算の初回算定日に実施していない。
 □オ 患者の状態に応じて行う口腔外又は口腔内カラー写真撮影を、初回算定日の後、少なくとも当該加算を3回算定するに当たり1回以上行っていない。
 □カ 撮影した口腔外又は口腔内カラー写真を診療録に添付又はデジタル撮影した画像を電子媒体に保存・管理していない。
 □キ 当該管理を行った場合に、指導・管理内容を診療録に記載又は指導・管理に係る記録を文書により作成している場合に、当該記録又はその写しを診療録に添付していない。

□A 15 歳未満の口腔機能の発達不全を認める患者のうち、「「口腔機能発達不全症」に関する基本的考え方」に示されている評価項目において、咀嚼機能を含む3項目以上に該当するもの以外に対して、小児口腔機能管理加算を誤って算定している例が認められたので改めること。

《口腔機能管理加算》略:口機能
□@ 算定要件を満たしていない口腔機能管理加算を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 口腔機能の評価及び一連の口腔機能の管理計画を策定していない。
 □イ 患者等に対し口腔機能の評価及び一連の口腔機能の管理計画に係る情報を文書により提供していない。
 □ウ 管理計画に係る提供文書の写しを診療録に添付していない。
 □エ 当該管理を行った場合に、指導・管理内容を診療録に記載又は指導・管理に係る記録を文書により作成している場合においては、当該記録又はその写しを診療録に添付していない。

□A 65 歳以上の口腔機能の低下を認める患者のうち、咀嚼機能低下(咀嚼能力検査を算定した患者に限る。)、咬合力低下(咬合圧検査を算定した患者に限る。)又は低舌圧(舌圧検査を算定した患者に限る。)のいずれかに該当する患者以外に、口腔機能管理加算を誤って算定している例が認められたので改めること。

 2 周術期等口腔機能管理計画策定料

略:周計
□@ 算定要件を満たしていない周術期等口腔機能管理計画策定料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 周術期等口腔機能管理計画策定料の算定対象とならない患者に対して算定している。
 □イ 手術等を実施する保険医療機関からの文書による依頼がない。(同一の保険医療機関を除く)
 □ウ 患者等に提供すべき管理計画に係る文書(管理計画書)を作成していない。
 □エ 管理計画に係る文書(管理計画書)を患者等に提供していない。
 □オ 管理計画書の内容を診療録に記載又は管理計画書の写しを診療録に添付していない。
 □カ 周術期等の口腔機能の管理を行う保険医療機関に管理計画書を提供していない。

□A 管理計画書に記載すべき内容について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。
 □ア 基礎疾患の状態・生活習慣
 □イ 主病の手術等の予定(又は実績)
 □ウ 口腔内の状態等(現症及び手術等によって予測される(又は生じた)変化等)
 □エ 周術期等の口腔機能の管理において実施する内容
 □オ 主病の手術等に係る患者の日常的なセルフケアに関する指導方針
 □カ その他必要な内容
 □キ 保険医療機関名及び当該管理を行う歯科医師の氏名

 3 周術期等口腔機能管理料(T)・(U)

略:周T,[B000-7] 略:周U
□@ 算定要件を満たしていない(周術期等口腔機能管理料(T)、周術期等口腔機能管理料(U))を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 周術期等口腔機能管理を必要とする手術に該当しない手術に対して算定している。
 □イ 管理内容に係る文書(管理報告書)を作成していない。
 □ウ 管理内容に係る文書(管理報告書)を患者等に提供していない。
 □エ 周術期等口腔機能管理の実施に際し、管理報告書の内容を診療録に記載又は管理報告書の写しを診療録に添付していない。

□A 管理報告書に記載すべき内容(口腔内の状態の評価、具体的な実施内容や指導内容、その他必要な内容)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 4 周術期等口腔機能管理料(V)

略:周V
□@ 算定要件を満たしていない周術期等口腔機能管理料(V)を算定している例が認められたので改めること。
 □ア がん等に係る放射線治療若しくは化学療法を実施している患者(予定している患者を含む。)又は緩和ケアの対象となる患者以外の患者について算定している。
 □イ 管理内容に係る文書(管理報告書)を作成していない。
 □ウ 管理内容に係る文書(管理報告書)を患者等に提供していない。
 □エ 管理報告書の内容を診療録に記載又は管理報告書の写しを診療録に添付していない。

□A 既にがん等に係る手術が実施された患者に対して、周術期等口腔機能管理料(T)「2 手術後」又は周術期等口腔機能管理料(U)「2 手術後」を算定している同一月に、周術期等口腔機能管理料(V)を算定している例が認められたので改めること。

□B 管理報告書に記載すべき内容(口腔内の状態の評価、具体的な実施内容や指導内容、その他必要な内容)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 5 歯科衛生実地指導料

《歯科衛生実地指導料1》略:実地指1
□@ 算定要件を満たしていない歯科衛生実地指導料1を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 歯科衛生士に行った指示内容等の要点を診療録に記載していない。
 □イ 患者に提供した文書の写しを診療録に添付していない。
 □ウ 患者に提供すべき当該実地指導に係る文書を作成していない。
 □エ 患者に提供すべき当該実地指導に係る文書を(指導の初回時に、3月に1回以上、全く)提供していない。
 □オ う蝕又は歯周病に罹患している患者に対して、プラークチャート等を用いたプラークの付着状況の指摘を実施していない。
 □カ 情報提供文書に記載すべき内容(指導等の内容、口腔衛生状態(う蝕又は歯周病に罹患している患者はプラークの付着状況を含む。)、指導の実施時刻(開始時刻と終了時刻)、保険医療機関名、主治の歯科医師の氏名、指導を行った歯科衛生士の氏名)を記載していない。
 □キ 歯科衛生士が実地指導を実施していない。
 □ク 歯科衛生士による実地指導を15 分以上実施していない。

□A 診療録に記載すべき内容(歯科衛生士に行った指示内容等の要点)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

□B 情報提供文書に記載すべき実地指導を行った時間について、画一的に記載している例が認められたので、実態に沿った適切な実施時刻(開始時刻と終了時刻)を記載すること。

□C 情報提供文書に記載すべき内容(指導等の内容、口腔衛生状態(う蝕又は歯周病に罹患している患者はプラークの付着状況を含む。)、指導の実施時刻(開始時刻と終了時刻)、保険医療機関名、主治の歯科医師の氏名、指導を行った歯科衛生士の氏名)について、記載の不十分な例が認められたので、適切に記載すること。

□D 情報提供文書に記載すべき指導の実施時刻(開始時刻と終了時刻)について、(歯周基本治療、歯周疾患処置、歯周基本治療処置、機械的歯面清掃処置)を行った時間を含めて記載している例が認められたので、適切に記載すること。

《歯科衛生実地指導料2》略:実地指2
□@ 算定要件を満たしていない歯科衛生実地指導料2を算定している例が認められたので改めること。
 □ア (歯科診療特別対応連携加算、地域歯科診療支援病院歯科初診料)に係る届出がない。
 □イ 基本診療料の歯科診療特別対応加算を算定していない患者に対して、歯科衛生実地指導料2を算定している。
 □ウ 歯科衛生士に行った指示内容等の要点を診療録に記載していない。
 □エ 患者に提供した文書の写しを診療録に添付していない。
 □オ 患者に提供すべき当該実地指導に係る文書を作成していない。
 □カ 患者に提供すべき当該実地指導に係る文書を実地指導が15 分以上になったときに、(3月に1回以上、全く)提供していない。
 □キ う蝕又は歯周病に罹患している患者に対して、プラークチャート等を用いたプラークの付着状況の指摘を実施していない。
 □ク 情報提供文書に記載すべき内容(指導等の内容、口腔衛生状態(う蝕又は歯周病に罹患している患者はプラークの付着状況を含む。)、指導の実施時刻(開始時刻と終了時刻)、保険医療機関名、主治の歯科医師の氏名、指導を行った歯科衛生士の氏名)を記載していない。
 □ケ 歯科衛生士が実地指導を実施していない。
 □コ 歯科衛生士による実地指導を15 分以上(1回に15 分以上の実地指導を行うことが困難な場合にあっては、月2回の実施時間の合計)実施していない。

□A 診療録に記載すべき内容(歯科衛生士に行った指示内容等の要点)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

□B 情報提供文書に記載すべき実地指導を行った時間について、画一的に記載している例が認められたので、実態に沿った適切な実施時刻(開始時刻と終了時刻)を記載すること。

□C 情報提供文書に記載すべき内容(指導等の内容、口腔衛生状態(う蝕又は歯周病に罹患している患者はプラークの付着状況を含む。)、指導の実施時刻(開始時刻と終了時刻)、保険医療機関名、主治の歯科医師の氏名、指導を行った歯科衛生士の氏名)について、記載の不十分な例が認められたので、適切に記載すること。

□D 情報提供文書に記載すべき指導の実施時刻(開始時刻と終了時刻)について、(歯周基本治療、歯周疾患処置、歯周基本治療処置、機械的歯面清掃処置)を行った時間を含めて記載している例が認められたので、適切に記載すること。

 6 歯周病患者画像活用指導料

略:P画像
□@ 算定要件を満たしていない歯周病患者画像活用指導料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 撮影した口腔内カラー写真の診療録添付又はデジタル撮影した画像の電子媒体への保存を行っていない。
 □イ 歯周病検査を予定又は実施していないにもかかわらず、歯周病患者画像活用指導料を算定している。
 □ウ プラークコントロールの動機付けを目的とした歯周疾患の状態を示す写真撮影を行っていない。

□A 同一部位について重複して撮影し算定した不適切な例が認められたので改めること。

□B 歯周病患者画像活用指導料は、歯周病に罹患しているものに対しプラークコントロールの動機付けを目的として、口腔内カラー写真を用いて療養上必要な指導及び説明を行うものであり、当該指導の目的、意義等が考慮されず算定している傾向が認められたので改めること。

□C 口腔内カラー写真の整理・保管に不備な例が認められたので、適切に整理・保管すること。

 7 歯科特定疾患療養管理料

略:特疾管
□@ 算定要件を満たしていない歯科特定疾患療養管理料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 厚生労働大臣が定める疾患を主病とする患者に該当していない。
 □イ 治療計画を策定していない。
 □ウ 症状及び管理内容の要点を診療録に記載していない。

□A 診療録に記載すべき内容 (症状及び管理内容の要点) について、(画一的に記載している、記載の不十分な) 例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 8 悪性腫瘍特異物質治療管理料

□@ 算定要件を満たしていない悪性腫瘍特異物質治療管理料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 悪性腫瘍の診断が確定していない。
 □イ 腫瘍マーカー検査の結果及び治療計画の要点を診療録に記載していない。

□A 診療録に記載すべき内容(腫瘍マーカー検査の結果、治療計画の要点)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 9 手術前医学管理料

□@ 算定要件を満たしていない手術前医学管理料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 硬膜外麻酔、脊椎麻酔若しくはマスク又は気管内挿管による閉鎖循環式全身麻酔下で手術を行っていない場合に算定している。

□A 手術前医学管理料を算定した月に、算定できない(血液学的検査判断料、生化学的検査(T)判断料、免疫学的検査判断料)を誤って算定している例が認められたので改めること。

□B 手術前医学管理料を算定した同一月に、所定点数の100 分の90 に相当する点数により算定すべき心電図検査を所定点数で誤って算定している例が認められたので改めること。

□C 手術前医学管理料を算定した場合に、同一の部位につき同一の撮影を行っている2枚目から5枚目までの写真診断及び撮影について、それぞれの所定点数の100 分の50 に相当する点数により算定すべきものを所定点数で誤って算定している例が認められたので改めること。

□D 手術前医学管理料を算定した場合に、同一の部位につき同一の撮影を行っている6枚目以降の写真診断及び撮影について、算定できないにもかかわらず所定点数で誤って算定している例が認められたので改めること。

 10 手術後医学管理料

□@ 同一の手術について同一月に手術前医学管理料を算定しているにもかかわらず所定点数の100 分の95 に相当する点数により算定すべき手術後医学管理料を所定点数で誤って算定している例が認められたので改めること。

□A 手術後医学管理料を算定した月に、算定することができない(尿・糞便等検査判断料、血液学的検査判断料、生化学的検査(T)判断料)を誤って算定している例が認められたので改めること。

 11 歯科治療時医療管理料

略:医管→【施設基準】
□@ 算定要件を満たしていない歯科治療時医療管理料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 歯科治療時医療管理料に係る施設基準の届出を行っていない。
 □イ 高血圧性疾患、虚血性心疾患、不整脈、心不全、脳血管障害、喘息、慢性気管支炎、糖尿病、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、副腎皮質機能不全、てんかん、慢性腎臓病(腎代替療法を行う患者に限る。)の患者、人工呼吸器を装着している患者又は在宅酸素療法を行っている患者以外の患者に対して算定している。
 □ウ 歯科治療時における患者の全身状態の変化等を把握するため、患者の血圧、脈拍、経皮的動脈血酸素飽和度を経時的に監視し、必要な医療管理を行うべきであるにもかかわらず、患者の(血圧、脈拍、経皮的動脈血酸素飽和度)の経時的な監視を行っていない。
 □エ 管理内容及び患者の全身状態の要点を診療録に記載していない。

□A (外科後処置、創傷処置、歯周疾患処置、歯周基本治療処置、歯冠修復及び欠損補綴(歯冠形成、う蝕時即時充填形成、う蝕歯インレー修復形成、支台築造、支台築造印象及び印象採得を除く))を行った場合に、算定できない歯科治療時医療管理料を誤って算定している例が認められたので改めること。

□B 診療録に記載すべき内容(管理内容、患者の全身状態の要点、モニタリング結果)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 12 薬剤管理指導料

□@ 算定要件を満たしていない薬剤管理指導料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 薬剤師が主治医の同意を得ていないにもかかわらず服薬指導等を行っている。

 13 診療情報提供料(T)

略:情T
□@ 算定要件を満たしていない診療情報提供料(T)を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 交付した文書の写しを診療録に添付していない。
 □イ 紹介先の機関が未定の場合に算定している。
 □ウ 特別の関係にある機関に情報提供が行われた場合に診療情報提供料(T)を誤って算定している例が認められたので改めること。

□A (治療の可否に関する問い合わせ、診療内容の報告)について、診療情報提供料(T)を誤って算定している例が認められたので改めること。

□B (医療機関、 )への紹介に当たっては、(「別紙様式11」、 )又はこれに準じた様式の文書に必要事項を記載すること。

 14 周術期等口腔機能管理計画策定料

略:情U
□@ 算定要件を満たしていない診療情報提供料(U)を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 診療情報の提供に当たって、患者又はその家族からの希望があった旨を診療録に記載していない。

 15 診療情報連携共有料

略:情共
□@ 算定要件を満たしていない診療情報連携共有料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 診療情報提供料(T)により紹介した月から起算して3月以内に診療情報連携共有料を算定している。
 □イ 文書に患者の氏名、生年月日、連絡先、診療情報の提供依頼目的、診療情報の提供を求める医療機関名、診療情報の提供を求める内容、診療情報の提供を依頼する保険医療機関名及び担当医名に係る記載がない。
 □ウ 交付した文書の写しを診療録に添付していない。

□A 診療情報連携共有料に係る文書に記載すべき内容について、記載の(不十分、不適切)な例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。
 □ア 患者の氏名、生年月日、連絡先
 □イ 診療情報の提供依頼目的
 □ウ 診療情報の提供を求める医療機関名
 □エ 診療情報の提供を求める内容
 □オ 診療情報の提供を依頼する保険医療機関名及び担当医名

 16 薬剤情報提供料

略:薬情
□@ 算定要件を満たしていない薬剤情報提供料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 薬剤情報を提供した旨を診療録に記載していない。
 □イ 情報提供文書に処方した薬剤の名称、用法、用量、効能、効果、副作用、相互作用について記載していない。
 □ウ 同月内で同一の投薬内容の場合に、算定できない複数回の薬剤情報提供料を誤って算定している例が認められるので改めること。

□A 情報提供文書に記載すべき内容(処方した薬剤の名称、用法、用量、効能、効果、副作用、相互作用)について、記載の(不十分、不適切)な例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 17 新製有床義歯管理料

略:義管
□@ 有床義歯に係る管理を行うに当たっては、「有床義歯の管理について」(平成19 年11 月 日本歯科医学会)を参考にすること。

□A 算定要件を満たしていない新製有床義歯管理料(「1 2以外の場合」、「2 困難な場合」)を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 患者等に提供した文書の写しを診療録に添付していない。
 □イ 有床義歯の管理に係る文書を(作成していない、患者等に提供していない)。
 □ウ 有床義歯の管理に係る文書に(欠損の状態、指導内容等の要点、保険医療機関名、担当歯科医師の氏名)を記載していない。

□B 有床義歯を新製した月と同月に当該有床義歯とは別の欠損部位の有床義歯の修理又は床裏装を行い、有床義歯修理又は有床義歯内面適合法(有床義歯床裏装)を算定した場合に、新製有床義歯管理料と歯科口腔リハビリテーション料1「1 有床義歯の場合」を誤って併算定している例が認められたので改めること。

□C 有床義歯の新製又は床裏装を予定し有床義歯床下粘膜調整処置を行い、同月に当該処置に併せて歯科口腔リハビリテーション料1「1 有床義歯の場合」を算定した場合に、算定できない新製有床義歯管理料を同月内に誤って算定している例が認められたので改めること。

□D 算定要件を満たしていない新製有床義歯管理料「2 困難な場合」を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 「総義歯を新たに装着した患者又は総義歯を装着している患者」又は「9歯以上の局部義歯を装着し、かつ、当該局部義歯以外は臼歯部で垂直的咬合関係を有しない患者」以外の場合に「2 困難な場合」を算定している。

□E 情報提供文書に記載すべき内容(欠損の状態、指導内容等の要点、保険医療機関名、担当歯科医師の氏名)について、(画一的に記載している、記載の不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

 18 肺血栓塞栓症予防管理料

□@ 算定要件を満たしていない肺血栓塞栓症予防管理料を算定している例が認められたので改めること。
 □ア 弾性ストッキング又は間歇的空気圧迫装置を用いていない。

□A 肺血栓塞栓症の予防に係る計画的な医学管理を行うに当たって、関係学会より示されている標準的な管理方法を踏まえていない不適切な例が認められたので改めること。

□B 肺血栓塞栓症の予防に係る計画的な医学管理を行うに当たって、医師との緊密な連携の下で行われていていない不適切な例が認められたので改めること。

□C 肺血栓塞栓症の予防を目的とした医学管理に係る内容について(診療録に記載していない、診療録への記載が不十分な)例が認められたので、個々の症例に応じて適切に記載すること。

□D 1入院で1回を限度として算定すべき肺血栓塞栓症予防管理料を誤って2回算定している例が認められたので改めること。


個別指導、監査に悩む歯科医の方は、お電話下さい。対応方法を弁護士がアドバイスし、指導監査に同席します。

SUNBELL LAW OFFICE弁護士個別指導

サンベル法律事務所
〒160-0004
東京都新宿区四谷1-18
オオノヤビル7階
TEL 03-5925-8437
FAX 03-5925-8438

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科個別指導

歯科書籍:歯科の個別指導・監査・医道審議会の行政処分

インターアクション,2019年  

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科 M&A

歯科書籍:歯科医院の事業承継とM&A

学建書院,2016年

弁護士鈴木陽介歯科書籍歯科 弁護士

歯科書籍:こんな患者さんとのトラブル&ハプニング

クインテッセンス出版,2013年